しゃぶ葉バイキングの食べたまま感想 しゃぶしゃぶ食べ放題のお店

フード・店内飲食

しゃぶ葉バイキングの食べたまま感想 しゃぶしゃぶ食べ放題のお店

どうもです! すえです!

唐突ですが、『食べ放題』ってどう思います?

人によって反応は両極端ですが、僕は大好きですね。

一定の値段を決定すれば、あとは制限時間めいっぱい食べられるところに全ての魅力がありますもんね!

ただでさえ食べ放題! 偏食と叫ばれようが、好みを一方的にチョイスできるのはこの上ない至福だと思います。いや、思うんじゃなくて確定です!

とりわけお肉大好きな僕としては、『この世に存在する分かり易い天国』ですね☆

そんなワケで、今回はしゃぶしゃぶ食べ放題のお店紹介としてしゃぶ葉バイキングの食べたまま感想を伝えていきたいと思います。

スポンサーリンク

しゃぶしゃぶバイキングしゃぶ葉 カンタン紹介

すかいらーくグループの1つであるしゃぶ葉。

もともと高級な部類に入っていたしゃぶしゃぶが気軽な価格・食べ放題ともなれば、人気上昇は必然でしょう。

焼肉の食べ放題レストランはわりと前から存在しましたが、僕にとってしゃぶしゃぶの食べ放題とは比較的最近のイメージが強く、チェーン店ともなれば尚更かもしれませんね。

僕がメインとして足を運ぶつくば店の人気も上々で、休日に思い付きで行こうものなら長時間の空き席待ちはほぼ確定。

なので来店を考える場合は昼時よりも少し早めに行動するのが吉でしょう。

お肉や野菜だけがこだわりではないしゃぶ葉

今どきのバイキングのお決まりではありませんが、追加料金を必要とする特定のメニュー以外は全て食べ放題となっています。

お肉や野菜はもちろんですが、僕の個人的な楽しみ方としてはつけだれの制作ですね。

ポン酢やごまだれなど、おなじみのベースも複数ありますが、そこに加える調味料が非常に多くて素敵です。

10種類以上の薬味が『たれBAR』というコーナーに設置されています。

興味が湧いた薬味を混ぜる事で誰にでも簡単にオリジナルつけだれを作る事が出来ますので、あなただけの味を見つけるというのも面白そうですね。

 

デザート系統の方面ではソフトクリームやワッフルが人気です。
トッピング素材も多くありますので、好みに応じた味付けが楽しめます。

僕の場合はチョコソースをちょっとだけ掛けて、シリアルわんさかが最後のシメです。

ソフトクリームのツノの簡単に作り方は、ソフトクリームを切る直前にお皿の方をノズルに(押し付けるようにして)近付けると簡単に出来ますよ。

お子さん連れの場合は自慢しちゃいましょう。

また、クリームソーダ系統の作り方は、ソフトクリームを投入するに割りばしなどで炭酸ジュースをかき混ぜ、炭酸を飛ばすのがコツなんですよ。

店内の様子

いつも人だらけでせわしない印象ですが、仮に自分たちだけが居るとすれば非常にゆったりと落ち着いたイメージでしょう。
『せっかく食べるのだからくつろぎたい』

そんな気持ちをお持ちの方は、是非とも早めの入店をお勧めしますよ。

飲食スペースは少しばかり薄暗さを感じさせる造りがかつて存在した日本を思わせます。想像し易い類似した空間と言えば、歴史博物館などの雰囲気に近いと思います。

もちろん、食材が並ぶエリアは鮮度まるわかりな明るさで保たれていますよ。

注文品

日曜日にお世話になる事が多いため、普段選ぶコースは上記画像で言う1599円のものだと思います(会計は奥さん任せ 2020/05当時)。

ディナーの時間帯にはお寿司も食べ放題となるようですが、残念ながらこの時間帯に訪れた事は無いんですね…。
(お肉食べていれば幸せですし☆)

入店までの待ち時間

時間帯によって無制限という条件がよく目につきますので、タイミングを外すと延々と待たされることも。

特に休日ランチタイムは80分の制限時間はあるものの、ファミリーに人気が集中するため店内はあっという間に満席になる事も珍しくなく、想像以上の待ち時間を要する場合もあります。

上述していますが、各食事時を早めるのが美味しく食べるための最大のコツかと思います。

入店後の待ち時間

席に案内されれば待ち時間はほぼありません。

はじめに2種類の鍋だしを決定し、だしとほぼ同時に食器・初めのお肉が自動的に運ばれてきます。

その後、だしの過熱を待つ間に肉以外の食材調達。

という流れですね。

時間制限があるものの、それを気にしながら時間を掛けて選ぶあの瞬間が個人的に大好きです。

デザートコーナー付近では小さなお子さんがはしゃいでいるケースがあるため、持ち運びには衝突に注意を払いましょう。

なお、お肉の追加に関しては呼び出しボタンで行います。

10皿程度なら毎回気軽に注文できます。

実際に食べた感想

しゃぶしゃぶに関してはここ『しゃぶ葉(つくば店)』しか来た事がありませんので比較要素が無いのですが、生野菜等の交換が頻繁にされているため素材鮮度は申し分ないでしょう。

『たれBAR』の存在はある意味驚きでした。

特に薬味の種類が多いのが面白く、自分好みを開発できる楽しみがありますね。

ちなみに僕は、薬味素材の中でもオクラを最初に見てしまったため、しばらくの間は

『??』

って感じでした。

初めにおろし大根や紅葉おろしを見ていれば、すぐに薬味と気付いた事でしょう。

全体的な味としては、好みのたれにつけて食べる事が出来るため、不味いという表現は皆無ですね。

しゃぶしゃぶらしく薄切りにされた肉は食べやすいですし、どっさり持ち込める野菜も常に新鮮ですよ。
(アレンジしてサラダにするのもアリ)

特に、お肉を食べる事に苦痛を感じるようになったお年寄りに人気のようですね。

アクセス・情報『しゃぶ葉 つくば店』

茨城県つくば市下原376-2

関越自動車道 桜土浦IC~国道346線を谷田部方面に約2Km

大角豆(ささぎ)交差点直進、隣にヤマダ電機さん。

電話番号:029-839-0118

営業時間:
ランチ  11:00~16:00
ディナー 16:00~24:00(入店は23:00まで)

平日ランチ999円実施店(60分)

しゃぶしゃぶブッフェ しゃぶ葉

という事で、すかいらーくグループのしゃぶ葉を紹介しました。

肉も野菜も食べ放題という文言は今どき珍しくありませんが、それが『しゃぶしゃぶ』となるとなかなか類を見ませんね。

個人的お勧めは『つくね』。

今現在はディナータイム限定での登場ですが、以前はランチタイムでも食べれたんですね。

同じ食べ放題ですので、ディナータイムに入店の際には、ぜひ!

 

ところであなたはしゃぶしゃぶのお肉(皿)を何皿頼みますか?

せっかくの食べ放題なのですから肉皿タワーを建設してみてくださいね!

 

ではでは。

関連記事

レストランの目次へ

もぐもぐメニュー表へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました