ジンホア つくば店|清潔感漂うシンガポール料理の美味しいお店発見

フード

ジンホア つくば店|清潔感漂うシンガポール料理の美味しいお店発見

『シンガポール料理だって! 食べに行かない?』

『なんだよソレ…?』

という、心温まる会話から始まったジンホア突入物語(?)

最終的には僕の中の『中華』のイメージを完全に覆す感動を覚え、リピーターとなってしまったわけですが、
今回はそんなシンガポール料理を気軽に、値段のワリに合わないこだわりを見知ったという事で、美食レポーターでも何でもない僕(すえ)が

ジンホアつくば店

を紹介していきます。

スポンサーリンク

ジンホア カンタン紹介

まず、僕みたいな『食べる事が単に好き!』という意味で美味しいものに目が無い人からして『シンガポール料理』って言われてもチンプンカンプンな所がありますよね。

一言にシンガポール料理と言ってもシンガポール自体に強みとなる郷土料理は少なく、
代わって歴史の移り変わりによりイギリスによる植民地時代・日本陸軍による軍政時代、
はたまた周辺・関連諸国の中国・タイ・マレーシアなどの交流などから流入した料理が今現在のシンガポール料理といった位置付けのようです。

そんな理由から料理という点で迫力感のある中華料理、気品性を感じさせられるイギリス料理・のあるタイ料理に加え、
そもそも日本人にとって身近な料理を目で感じられる品々は、
どれを選んでも『いつの間にか知っていた料理』として認識できるでしょう。

そんなジンホアが主体とする料理は『中華』に特化しており、ちょっとでも凝った中華料理店に入った事がある人ならすぐに納得できるレストランに見えるかも知れませんね。

という事で、ジンホアの宣伝としては『ジンホア=シンガポール料理店』ではありますが、
実際には『ジンホア=シンガポール風中華料理店』と表現した方が正しそうです。

では、何がシンガポール風なのか?
詳しくは別記事の

【ジンホアつくば店で実際に食べた率直な感想を伝えます【美味しいトコ取り】】

にて紹介してありますが、肝心な部分を要約すれば、以下のような感じです。

  • シンガポールの象徴1『清潔感』
  • シンガポールの象徴2『近代感』
  • 中華料理店であって中華料理店らしからぬ『落ち着いた雰囲気』

などが挙げられますね。

まあ、これに関しては僕の見たままの感想ですので人によっては『なに言ってるんだ??』ってなるかも知れませんが、
少なくとも男性同士でワイワイガヤガヤするお店というイメージはありません。

家族連れはもちろんですが、主に少人数女子会のイメージが当てはまる珍しいタイプの中華料理店と言える事は間違いないでしょう。

また、デートプランの一環として足を運ぶのも良さそうです。初々しいほど深い思い出のお店になるのではないでしょうか☆

【ジンホアつくば店で実際に食べた率直な感想を伝えます【美味しいトコ取り】】へ

シンガポールと言えば、なんだかその名前の響きから煌びやかな『白』を連想さられるばかりであり、
これは僕の遠い記憶から成る『パズルとかカレンダーの写真のイメージ』が強いと思われますが、
結果論としてはある意味で当たっていました。

あと、近代的にして幻想的な夜景や、マーライオンも有名ですね。

…でも、シンガポールの料理って…?

 

はい。という事で予備知識的な余談はさておき、ジンホアつくば店さん(以下、ジンホア)の紹介です。

 

茨城県南地域に住まう人には有名どころとなった『イーアスつくば』周辺の発展具合はある意味すさまじく、
つくばエクスプレス(TX)やすぐ隣のつくば学園都市などの立地条件から、
地元の僕から言わせても気付けばアレコレと出現していましたね。

ジンホアもその発展に合わせて出店した飲食店の1つのようですが、もっとも栄える商業地帯からわずかに離れた位置に存在するせいか、
日中の多くは非常に落ち着いた雰囲気を保っている印象です。

そんな理由もあるため、地元住民じゃない場合はジンホアに食べに行くという目的ではなく、
どこかに遊びに行った時の食事休憩所として認識した方がゆっくりとくつろげて良いかも知れません。

ジンホアは『京華小吃』と書いてそう読むようですが、
…まあ、少なくともその道(中国関係の教養)をかじっていない限り読み上げる事はなかなか難しいでしょうね。

という事で、入店する場合には上の画像を参考にして下さい。

左画像はレストランの入り口で、右画像が駐車場の看板となっています。

『白と赤』の使い分けが印象的なので、そこを意識していれば確認は容易と思われます。

ジンホアに入店して最初に目を引くのが全体的に漂う清潔感とプライベート感が満たされているという所でしょう。

建物の外見を損なわない『白と赤』が象徴的に感じられ、急激に流行ったコロナウイルス問題対策とは無関係にオープン当時から多くのテーブルがパーテーションで仕切られています。

なのでコロナ対策で急遽取り入れた『カタチだけ』のソーシャルディスタンスではなく、
もともと存在した空間・間取りという意味もあって、店内に関する違和感はまず感じられないでしょう。

一方で採光窓が全面的に広く使用されていますので閉鎖感も感じられず、
食事に無関係な話をすれば近代的なオフィスの間取りにも採用できそうですね。

単純にはオシャレと言いたいだけですが、たぶん、この感想は入って見ればすぐに納得できる事でしょう。

窓の外に海が見えない、窓の外に麓の街並みが見えない、テラスが無い…。という、的外れな残念感すら思い浮かぶ店内光景です。

とあるテーブルの様子。

昼は飲食店の意味合いが強いためアルコール系統の出現は稀そうですが、
夜は宴会の場としての利用目的が強く、料理メニューのバリエーションにアルコールも加わります。

画像の壁に並ぶ瓶の数々はそんなアルコール飲料による店内装飾のようです。

飾り気なく飾る…、シンプルにして綺麗ですね。

注文方法

席に通されたらテーブル上に置いてあるメニュー表から好みのメニューを選びます。

テーブル上のメニューはもちろん、壁にも季節によるキャンペーンメニューの他、
ジンホア自慢の小籠包などのメニューなども紹介されているため、気になるものからチョイスする選び方も楽します。

メニューが決まったら呼び出しホーンで係員を呼んでオーダーしましょう。

ジンホア入り口のおすすめメニューと、テーブルに揃えてみたメニュー表各種。

見てわかるように多くが見本となる写真付きですので、見慣れないメニューであってもイメージしやすい所が有難いですね。

この時の注文品

今回の家族チョイスは以下のものとなりました。

シンプルのようでシンプルでない、
『本場中華』とはちょっと異なる『ジンホア流シンガポール風中華』。

まずは僕のチョイス。

『牛肉と季節野菜のあんかけごはん』
…の、ネギ塩ミニ麺+サラダセット

実はこれ、ジンホアが提供してくれる『月替わり丼物ランチ』というやつで、
名前の通り月替わりでメインの丼物とラーメンの味が変化しています。

ちなみに僕がジンホアを好んだ理由が、この『ミニ麺』だったりします。

ギトギト感ゼロ、くどくも濃くもなく、どちらかと言うと薄口な印象ですが、
その上で味がしっかりしているラーメンって、…なかなか無いと思いますよ?

主役の『牛肉と季節野菜のあんかけごはん』も当然美味しいのですが、
書くと長くなるので別ページでウンザリするほど(?)書き表していきますね!

僕の奥さんが決まって頼むのは『五目あんかけそば』。
いい具合に重度のトリコなんですね。

この日は奥さんのお母さんも同じものをチョイスしていました。

僕の子供が選んだのはシンプルにして実はこの日一番高価だったりする『エビチャーハン』。
ジンホアが提供するチャーハン系の中での№1商品との事です。

画像から伝わるライスのパラパラ感が本格を思わせますね。

待ち時間

何度か出入りしているジンホアつくば店ですが、場所の理由か夜に人気なのか、
混雑ぶりを目撃した事が無いのが不思議と言えば不思議ですね。

という事で混雑時の待たされ時間は予想できませんが、僕の経験談だけで言えばオーダーから到着までは
15分~20分
といった感じです。

普通と言えば普通ですね。

待っている間には軽い雑談の他、見て飽きないジンホア店内をパーテーションの隙間から覗くのが好きだったりします。

別ページの個人的感想内では何度も繰り返す事になりますが、とにかく清潔感が至る所に漂っているのが何度見ても飽きない空間でもあります。

そんなこんなで誰かの1品目が届けられたら次々と揃う印象が強いため、基本的に退屈時間が発生しない所は何よりも嬉しいですね。

何度見ても飽きない小籠包メニューというのも珍しい話でしょう。いや、個人的な話ですがね。

基本情報『ジンホアつくば店』

店名:
京華小吃(ジンホア)つくば店

住所:305-0818
茨城県つくば市学園南1-11-3

電話番号:
029-893-3358

営業時間:
ランチタイム:11:00~15:00 (料理L.O. 14:30 ドリンクL.O. 14:30)
ディナータイム:17:00~22:00 (料理L.O. 21:30 ドリンクL.O. 21:30)
テイクアウト:19:00まで

営業時間外の来店希望時は要確認(なお、問い合わせは10:30より可)

店休日:
不定休(基本、年中無休)

駐車場:
有り。ジンホア専用駐車場

総席数:
84席
最大16名まで入れる完全個室あり
掘りごたつ席あり
ソファー席あり(ボックスタイプ)

宴会など:
予約可
最大70名
貸切可

アクセス:下記のマップから目立つシンボル

  • つくばエクスプレス(TX)研究学園駅
  • 山新グランステージつくば エクステリアセンター
  • つくば中央IC(国道468号線)

すえの個人的な注意点:
自家用車でジンホア駐車場入りする場合はスロープ(傾斜)を上るため、車高の低い自動車の乗り入れ時には注意が必要です。

学園都市・イーアスつくば・つくばエクスプレス・筑波大学と、知名度の高い都市や施設が周囲にあるため、
各地方からの来訪も多く、道路状況が時間によって極端に変化しますので安全運転を心掛けてください。

以上、『ジンホア(京華小吃)つくば店』の基本情報でした。

 

すえ

関連記事

実際に食べた僕の感想をもっと知りたい方は、下記のページへどうぞ。↓

【ジンホアつくば店で実際に食べた率直な感想を伝えます【美味しいトコ取り】】へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました