ぶどう狩りを気軽に楽める岡野果樹園

レジャー

ぶどう狩りを気軽に楽める岡野果樹園

連休だけど行くところが無いなぁ…。いい天気なんだけどなぁ…。

なんて、せっかくの休日をダラダラ過ごすのって勿体ないですよね。

せっかくの休日で晴れてもする事が無いのであれば、ちょっと風変わりな方法で時間を楽しむのもアリかもしれませんね。

こんにちは、すえです。

今回はまさにそんな何も予定の無い休日に突き当たったという事で、近場の果樹園に遊びに行ってきました。

ぶどう狩りを気軽に楽める場所という事でちらほら耳にしていた岡野果樹園さん(以下、岡野果樹園)ですが、実際に行ってみるとこの手の果物狩りを楽しむ家族さんや団体さんは多いようでして、お昼前から駐車場には各地方のナンバーを付けた車が確認出来たところは正直驚きました。

そんな岡野果樹園の紹介です。

スポンサーリンク

岡野果樹園 カンタン紹介

常磐高速道路桜千代田・石岡インターから東京方面に向かって約5分の位置にある果樹園です。

訪れる際の観光時期は8月中旬から10月下旬でして、ここでは

  • 巨峰狩り
  • 梨狩り
  • 栗拾い

のそれぞれを楽しむ事が出来ますが、ここでは『ぶどう狩り』という事で、岡野果樹園のメインの1つである『巨峰狩り』の話で進めていきますね。

試食含みの入園料金

果物狩りの醍醐味はと言えば、なんといっても『その場で試食可能』という所ではないでしょうか?

一定の金額で入園し、気に入った果実を収穫して直接食べるという行為はまず販売店では出来ませんからね。

この手の果樹園は基本的に食べ放題がメインでして、岡野果樹園もそれは同じです。

栗はその性質上、その場で拾って食べるという訳にはいきませんが、巨峰と梨に関しては入場料のみで幾らでもその場で食べる事が出来るため、どうぞ倒れる程(笑)食べちゃってください。

ちなみに2020年時点での入園料は大人で1000円。
巨峰はもともと値段の高い品種ですので、ぶどう好きな人であればこの値段の破格さが理解できる筈ですね☆

↑白い袋入りの巨峰は果樹園関係者が『食べごろ』と判断した巨峰たち。
全部食べても追加料金なし(無理…)。

ちなみに、果樹園側は内部で果実を口にする事を『試食』と表現しているようですが、これが客視点に立つと『食べ放題』になるわけですね。

制限時間

他の果樹園の多くには制限時間を1時間として設けているようですが、岡野果樹園には明確な制限時間が存在していないようです。

ただし従業員さんの言葉をそのまま伝えるとすれば、

『だいたい1時間を目途にお願いします』

という事でしたので、他の果樹園と同等と考えて問題は無いでしょう。

僕個人的には『多少のオーバーは気にしなくていいョ』といった感じの印象を受けましたね。

いずれにしても入場可能人数に制限がありますので、1時間の制限時間とみて問題は無いでしょう。…というか、1時間食べ続けられれば立派なものです。

待ち時間

先客順の入園という事で早い分には待ち時間が発生しません。

ですが、同時に入れる人数(組数)には制限があるため、遅いとその分待つことになります。

僕が現地入りしたのは10時半手前でしたが、退園の頃には数組の家族連れが見れました。

お土産・休憩所

お土産コーナーと休憩所は一体型ですが、そこそこの広さがあるため順番待ちには最適な場所と言えるでしょう。

もちろん、果物狩りが目的ではない場合にも購入は可能ですよ。

ラインナップはもちろん、岡野果樹園が育てる巨峰・梨・栗が中心です。

↑例えば贈り物としての購入の場合はプロの選んだ品を選択するのも賢い一手。

↑僕の奥さんはぶどう嫌いの僕の付き合いを気遣ってか、僕が果物中では2番目に好きとする梨を秘密購入していました。有難いですねぇ。『巨峰も美味しかったよ』なんて言えば『買って損した』と返されそうなので、素直に『ありがとう』とだけ言っておきました(ウヒヒ)。

ちなみに僕の中の果物好物ベスト3は『メロン・梨・桃』となります。

↑こちらはお土産用に現地で購入した2房中の1房の巨峰。

値段は1房400円と公式ホームページの価格から大幅に値下げされた状態でしたが、恐らくはこの年の不作を考慮しての値引きだと思われます。

…が、品質は当然ながら全然問題なし。

我が子が相当に気に入ったらしく、僕に何一つ気遣うことなく1粒残らず全てを食べ尽くしました。

基本情報『岡野果樹園』

果樹園名:
岡野果樹園

住所:
〒305-0063
茨城県かすみがうら市飯田232

電話番号:
0299-59-2490

FAX:
0299-59-3077

営業時間:
09:00~17:00(シーズン中無休)

ぶどう狩り(食べ放題)制限時間:
約1時間(あくまで目途という事で多少寛容)

開園シーズン:
8月中旬~10月下旬(その年の気候により変動あり)

園休日:
シーズン外

駐車場:
有り。乗用車30台、大型5台

団体など:
基本的に可。ただし、不作等には状況に応じて変更の可能性。

詳しくは岡野果樹園ホームページへ↓
https://ibaraki.okanokajuen.com/

アクセス:

常磐高速 三郷ICより、約30分
千代田石岡ICより土浦方面へ約5分

すえの個人的な注意点:
『食べ放題』の最もな基本原則ではありませんが、食べられもしない量を一気に収穫しちゃダメですね。
もちろん、許容範囲内の食べ残しはアリです。

果樹園にペットの入場が可能との事です。最近のレジャーにペットを連れ込む家族は多いので、こういった宣伝は助かりますね。ワンちゃんはぶどうを食べるのかな?

岡野果樹園で巨峰狩りを楽しんだ感想

巨峰が果物の中でも人気の品という事は理解していましたが、実際問題、大人気の色というものが伺えますね。

何と言うか…その…、実は僕はぶどう系でも大粒のものは苦手でして、しかもよりによって巨峰を意識的に避ける性格なのですが、そんな僕でも素直に『美味しい』と感じる結果に至りました。

こう言っては果物屋さんに怒られそうですが、やっぱりお店で売っているものとは段違いに美味しさが異なりますね。

シードレスという種無しの品種については知っていますが、ぶどうのような1房に何粒も実が成る果物に対して全ての種無しの実現は難しいらしく、どうしても幾つかの粒には種が出来てしまうのも果樹園側の悩みでしょう。

…まあ、僕個人としてはシードレスを意識しないままの入園でしたので、『巨峰=種だらけ』の認識だったのですが、実際に種が入っていた粒が1房内に2粒だった事は退園してから気付いた驚きでした。

感覚的にはアタリを引いた感がありますが、一緒に食べていた家族も種の少なさには驚いていたようなので、ほぼほぼシードレスは成功していると言って問題は無いでしょう。

美味しいかどうかと尋ねられれば、タネの問題でぶどう系統をあえて避ける性格なので回答に困るのが正直なところですが、単純な言い方をすればこうですね。

『ぶどう嫌いでも味的には2房は簡単にイケる美味しさ』

…といった所でしょうか? デラウェア以外で2房以上食べたのは初めての話ですね。

 

次に行く時は同じ岡野果樹園の梨エリアがいいなぁ…。でも僕の子供、リンゴアレルギーなんだよなぁ…。

 

以上、『岡野果樹園』の基本情報でした。

 

すえ

 

実際に食べた僕の感想をもっと知りたい方は、下記のページへどうぞ。↓

岡野果樹園関連ページ

岡野果樹園 基本情報:
【ぶどう狩りを気軽に楽める岡野果樹園】へ

個人的感想:
【岡野果樹園で巨峰狩りをした率直な感想を伝えます【美味しいトコ取り】】へ

岡野果樹園おまけ記事
【甘太食べたっっっ!!】へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました